日本慢性期医療協会トップページ

 

第5回慢性期リハビリテーション学会 
リハビリテーションで広がるEnjoyment of life

会期
2018年2月26(月)・27日(火)
会場
パシフィコ横浜 会議センター 3・4階(神奈川県横浜市)
学会長
鈴木龍太
(慢性期リハビリテーション協会 学術委員会 委員長・
  鶴巻温泉病院 理事長)

学会事務局

鶴巻温泉病院
〒257-0001
神奈川県 秦野市 鶴巻北1-16-1

運営事務局

株式会社 学会サービス
〒150-0032
東京都 渋谷区 鶯谷町7-3-101
TEL:03-3496-6950
FAX:03-3496-2150
E-mail:manseikiriha5@gakkai.co.jp

企画
慢性期リハビリテーション協会
主催
日本慢性期医療協会
参加者
計848名
事前参加登録者 726名
当日受付参加者 122名
一般演題数
302題(内ポスター44題)  (一覧はこちらから
   
プログラム(PDF)
   
企画講演  (PDF版はこちらをクリック)
 
  時 間   講 師
1日目

2月
26日
(月)
13:00〜13:25
(25分)

開会式

司会:池田吉成(橋本病院 事務長)

13:30〜14:30
(60分)

基調講演

リハビリテーション医療における活動支援システム、特に活動支援ロボットについて

座長:鈴木龍太
(慢性期リハ協会 学術委員長)

講師:才藤栄一
(藤田保健衛生大学医学部 教授)

14:40〜16:20
(100分)

シンポジウム1

2030年に向けた型破りなセラピストたち
−認知症は特別なことじゃない−

座長:田中志子
(内田病院 理事長)

シンポジスト:
中間浩一
(霞ヶ関南病院・OT)
吉岡哲郎
(介護老人保健施設 大誠苑・OT)
菅原健介
(ぐるんとびー 代表取締役)

16:30〜18:00
(90分)

シンポジウム2

生き・活きと暮らす
−難病リハで生き抜く力を支えよう−

座長:小澤美紀
(鶴巻温泉病院 看護部長)
梁川めぐみ
(鶴巻温泉病院 看護部)

教育講演:河野政子
(地域包括ケアコンサルティングあるす代表)

シンポジスト:
花井亜紀子
(国立精神・神経医療研究センター 看護師)
清水拓人
(鶴巻温泉病院 リハビリテーション部・OT)
足立原崇
(鶴巻温泉病院 介護福祉士)

18:20〜20:20
(120分)

イブニングセミナー

医療・介護同時改定の動向と対策

座長:江澤和彦
(慢性期リハビリテーション協会 副会長)

講師: 廣瀬佳恵
(厚生労働省保険局医療課 課長補佐)
武久洋三
(慢性期リハビリテーション協会 会長)

2日目

2月
27日
(火)
9:00〜10:50
(110分)

シンポジウム3

緩和ケアの関わり
〜Enjoyment of life実現のために〜

座長:島崎寛将
(大阪国際がんセンター・OT)

シンポジスト:
小宮山学
(ありがとうみんなファミリークリニック平塚・医師)
田尻寿子
(静岡県立がんセンター・OT)
添田遼
(鶴巻温泉病院・PT)
林ゑり子
(藤沢湘南台病院・看護師)
大村恵子
(アットホーム表参道クリニック・OT)

11:00〜12:00
(60分)

特別講演

これからの生活期リハビリテーション

座長:木戸保秀
(慢性期リハビリテーション協会 副会長)

講師:水間正澄
(医療法人社団輝生会
本部教育研修局長・常務理事・医師)

12:10〜13:00
(50分)
ランチョンセミナー
13:10〜14:00
(50分)

神奈川県慢性期医療協会
協賛講演

障害を乗り越えて?
障害者権利条約でパラダイムシフト!
〜誰も排除しない・されない、
 インクルーシブな社会を目指して〜

座長:三輪健
(平成横浜病院 院長)

講師:今村登
(NPO法人自立生活センターSTEPえどがわ
 理事長)

14:10〜16:00
(110分)

シンポジウム4

障害を乗り越えて?

座長:中村春基
(日本作業療法士協会 会長)

シンポジスト:
今村登
(STEPえどがわ 理事長)
田村辰男
(NPO法人 ライフサポートはりま前理事長・
 姫路障害者連絡協議会 副会長)
古矢香里
(鶴巻温泉病院 看護部)

16:10〜16:40
(30分)

次期学会長講演

地域包括ケアシステムにおける
「地域リハビリテーション」

座長:橋本康子
(慢性期リハビリテーション協会 副会長)

講師:齊藤正身
(第6回学会長)

16:40〜16:45 第26回
日本慢性期医療学会
(鹿児島)案内
藤剛斎
(第26回日本慢性期医療学会 学会長)
16:45〜17:00
(15分)

優秀演題表彰・閉会式

司 会:木村達(鶴巻温泉病院 リハビリテーション部長)
閉会の辞:今西剛史(鶴巻温泉病院 副院長)

   
表彰演題選考結果
   
優秀演題
演題番号
氏 名 職 種 所 属
3-4-5
新藤雅和 理学療法士 世田谷記念病院(東京都)
院内ホームワーク実施による効果検証:第 3 報
-Functional Independence Measure 利得の天井効果に着目した検証-
6-1-2
茶木知子 理学療法士 泉佐野優人会病院(大阪府)
離床コーディネーターの取り組みと離床による効果の検証
5-6-2
本岡秀人 理学療法士 博愛記念病院(徳島県)
当院通所リハビリテーションにおける自助の実現に向けた取り組み
〜触れないリハビリの挑戦〜
4-4-2
寒川拓実 作業療法士 橋本病院(香川県)
若年脳血管障害患者における職場復帰に関する因子の検討
4-6-4
下西菜穂子 理学療法士 健和会京町病院(福岡県)
当院での腹臥位療法の取り組み
  奨励演題
演題番号
氏 名 職 種 所 属
7-8-5
中村雅人 作業療法士 平成扇病院(東京都)
アルコール依存症により二次性サルコペニアを呈し、
包括的な介入をした 1 症例の経過
3-8-2
山勢健太朗 作業療法士 平成横浜病院(神奈川県)
当院物忘れ外来における取り組み
〜評価結果の集積から今後の展望を考える〜
6-2-6
菅原光晴 作業療法士 ふじの温泉病院(神奈川県)
複数物品の系列動作の障害を呈した前頭葉損傷例へのアプローチの有用性
6-5-3
小林克行 作業療法士 鹿教湯三才山リハビリテーションセンター三才山病院 (長野県)
HAL 単関節タイプと HAL-SJ 上肢吊り下げキットを併用したリハビリテーションの紹介
5-2-3
松江公貴 理学療法士 谷田病院(熊本県)
介護主体デイサービスの自立支援に向けた取り組み
  (PDF版はこちらから)
 
第5回慢性期リハビリテーション学会の公式ホームページは、下記のバナーをクリックしてください。
 
   
 
<<第4回
 

Copyright JAPAN ASSOCIATION OF MEDICAL AND CARE FACILITIES 
日本慢性期医療協会 〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階 
TEL.03-3355-3120 FAX.03-3355-3122 
先頭に戻る