日本慢性期医療協会トップページ
第13回 日本療養病床協会全国研究会東京大会
 “0(Zero)”原点からの出発 −慢性期力を活かした療養病床の未来−
 
会期: 平成17年11月17・18(木・金)

会場:

ホテルニューオータニ(東京都・千代田区)
大会長: 医療法人社団永生会永生病院理事長 安藤高朗(当協会常任理事)

11月17・18日の両日、ホテルニューオータニ東京で開催され、全国から約2,100名もの参加者が集まりました。また、会員病院職員による演題発表は、ビデオセッション14題、ポスターセッション324題に上りました。ご協力ありがとうございました。

大会長からのご挨拶 東京大会大会長 安藤高朗

特別プログラムのご案内

演題発表者一覧(大会誌原稿・PDF形式) 
ビデオセッション(14題)
 パネルセッション(324題)  

大会プログラム
第1日目 11月17日(木)
9:30〜9:55 開会式
10:00〜10:50 記念講演 「時代をよむ」 田原総一朗氏(ジャーナリスト)
10:55〜11:45 特別講演 「介護保険、これからの課題」 磯部文雄氏(厚生労働省老健局長)
11:45〜11:50 オリエンテーション
11:50〜13:00 昼食(弁当)
13:30〜18:30 演題発表

ビデオセッション

パネルセッション
13:30〜16:00 特別プログラム
療養病床におけるターミナルケア
廃用症候群モデルとリハビリテーション
さあ始めよう口腔ケア
16:15〜18:45

特別プログラム
見直そうケアプランPart3
褥瘡とリハビリテーション
若手経営者による
   これからの療養病床を考える

第2日目 11月18日(金)
9:00〜10:45 シンポジウム
テーマ:「“0(Zero)”原点からの出発〜慢性期力を活かした療養病床の未来〜」
シンポジスト:天本宏氏(医療法人財団天翁会新天本病院理事長)
        大塚宣夫氏(医療法人社団慶成会青梅慶友病院理事長)
座  長   :小山秀夫氏(国立保健医療科学院経営科学部長)
        安藤高朗氏(医療法人社団永生会永生病院理事長)
11:00〜13:00 特別プログラム
看護師さんのための簡易懸濁法〜安全・確実な経管予薬のために〜
慢性期における医療の質を考える
介護保険制度の見直しと栄養ケア・マネジメント
ゼロ地点からの出発−ソーシャルワーカー編−
美術の活用−療養病床環境において−
これからの高齢者医療とIT
摂食・嚥下障害へのアプローチ
13:15〜15:00 懇親会(立食ランチ)


   

Copyright 2004 JAPAN ASSOCIATION OF LONG TERM CARE HOSPITALS 
日本慢性期医療協会 〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階 
TEL.03-3355-3120 FAX.03-3355-3122