日本慢性期医療協会トップページ
第12回 札幌大会 療養病床の近未来
- 北の大地からの提言 -
  大会開催直前に札幌は数十年ぶりの大きな台風に見舞われましたが、幸い大会期間中は天候にも恵まれ豊富なプログラムに参加者の熱意がこもった大会となりました。
 
会期: 平成16年9月10・11(金・土)

会場:

札幌コンベンションセンター
大会長: 医療法人渓仁会定山渓病院院長 中川翼(当会副会長)
参加者数: 約1,700名
演題発表: スライド(PC)発表 198題、パネル発表 18題
札幌大会 開催概要
  ■第1日目 9月10日(金)
19:30〜19:55 開会式
10:00〜10:55 特別講演 「介護保険改革と介護保険療養病床の今後のあり方」厚生労働省老健局長 中村秀一氏
11:00〜12:00 記念講演 「挑戦は年齢を超えて」 プロスキーヤー 三浦雄一郎氏
12:00〜12:05 オリエンテーション
12:05〜13:00 昼 食
13:00〜18:00 スライド&パネル演題発表
スライド162題
パネル138題
13:00〜15:30 特別プログラム
‘端貅栖砧斗槁妥錣慮従と課題
見直そうケアプラン(Part2) 
15:45〜18:15 身体拘束廃止と患者安全対策
ぬ斉から使える実践口腔ケア

■第2日目 9月11日(土)
19:30〜12:00 スライド演題発表
スライド34題
※大会2日目の演題発表はスライド演題のみです。
19:30〜12:00 特別プログラム
ノ斗槁他欧砲けるターミナルケア
Ε繊璽爐納茲蠢箸爛撻ぅ轡Д鵐肇札ぅ侫謄ー
療養病床における個別リハビリテーションの現状と課題
┛緡泥宗璽轡礇襯錙璽ーは役に立つ!?
褥瘡の予防と治療のポイント
12:00〜13:00 昼 食
13:00〜13:05 次期大会開催案内
13:10〜15:25 シンポジウム「療養病床の近未来−北の大地からの提言−」
シンポジスト:西澤寛俊氏(全日本病院協会副会長、西岡病院理事長)
  シンポジス中島正治氏(厚生労働省大臣官房審議官)
  シンポジス浜村明徳氏(小倉リハビリテーション院長)
  シンポジス中川翼氏(定山渓病院院長)
  司ジス:小山秀夫氏(国立保健医療科学院経営科学部長)
15:25〜15:30 閉会の言葉

■演題発表者一覧

スライド演題発表

演題数198題
第1日目 9月10日(金) 13:00〜18:00
第2日目 9月11日(土) 19:30〜12:00

パネル演題発表

演題数18題
日時/9月10日(金) 13:00〜18:00


■特別プログラム
特殊疾患療養病棟の現状と課題
見直そうケアプラン(Part2) その人らしい食事とは
身体拘束廃止と患者安全対策
明日から使える実践口腔ケア
療養病床におけるターミナルケア
チームで取り組むペイシェエントセイフティー〜薬剤業務をとおして〜
療養病床における個別リハビリテーションの現状と課題
医療ソーシャルワーカーは役に立つ!?−役に立つ医療ソーシャルワーカーを置くための実践講座
褥瘡の予防と治療のポイント
   

 
 
   

Copyright 2004 JAPAN ASSOCIATION OF LONG TERM CARE HOSPITALS 
日本慢性期医療協会 〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階 
TEL.03-3355-3120 FAX.03-3355-3122