日本慢性期医療協会トップページ
日本慢性期医療協会の概要
 

良質な慢性期医療がなければ 日本の医療は成り立たない

  2025年に向けた超高齢社会への対策は各所で取り上げられるようになってきましたが、一番切実な対応を迫られているのは医療と介護ではないでしょうか。平成26年度診療報酬改定においても、地域包括ケア病棟の新設に象徴されるように、急性期のみならず慢性期医療にも、在宅復帰を目指す方向性が明確に示されました。特に高齢者の在宅復帰をすすめるには、リハビリテーションを欠かすことはできず、診療報酬上でもリハビリテーションは包括される方向性です。しかし、包括されるからこそその質が問われ、良質なリハビリテーションが提供されてはじめて国民のニーズに応えることができます。 これから地域での暮らしを支えていくためには、慢性期医療が中心となって個々の患者の病態に応じた医療環境を整備し、リハビリテーションはもとより、認知症、ターミナル、在宅医療などを担っていかなければなりません。慢性期医療のさらなる質の向上を図り日本の未来を支えていく所存ですので、各位のご支援を賜れれば幸いです。

一般社団法人 
日本慢性期医療協会  
会長 武久洋三  

   

日本慢性期医療協会のあゆみ

日本慢性期医療協会都道府県支部一覧

 

日本慢性期医療協会では、急性期医療、介護サービス等との連携をはかりながら、慢性期医療の質の向上を目指し各種事業を展開しております。

1992年(平成4年)9月26日 介護力強化病院連絡協議会 設立
1998年(平成10年)4月1日 介護療養型医療施設連絡協議会に改称
2003年(平成15年)8月22日 日本療養病床協会に改称
2008年(平成20年)7月2日 日本慢性期医療協会に改称
2009年(平成21年)3月12日 一般社団法人 日本慢性期医療協会に移行

歴代会長
初代 天本 宏
第2代 加藤隆正 1998年(平成10年)4月1日就任
第3代 木下 毅 2001年(平成13年)3月16日就任
第4代 武久洋三 2008年(平成20年)4月1日就任
   
 

日本慢性期医療協会 事務局のご案内
 
事務局へのお問い合わせ TEL: 03-3355-3120
FAX: 03-3355-3122
電子メール: info@jamcf.jp
※ページ左、メニュー下の「Direct Inquiry」ボタンからも、電子メールでお問い合わせができます。
  〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階


クリックすると大きな画像をご覧になれます。
 
 

Copyright JAPAN ASSOCIATION OF MEDICAL AND CARE FACILITIES 
日本慢性期医療協会 〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階 
TEL.03-3355-3120 FAX.03-3355-3122