日本慢性期医療協会トップページ
第14回日本療養病床協会全国研究会〔京都大会〕
 高齢者医療における療養病床の役割-京都からの問題提起-
 
会期: 平成18年9月7日(木)・8日(金)

会場:

国立京都国際会館
大会長: 財団法人仁風会 嵯峨野病院・京都南西病院理事長 清水紘
 

9月7・8日の両日、国立京都国際会館で開催され、全国から約1,750名もの参加者が集まりました。また、会員病院職員による演題発表は、パネルセッション200題、ビデオセッション6題、PCスライドセッション135題の合計341題に上りました。ご協力ありがとうございました。
  
         ポスターセッション                     お茶席で休憩

大会プログラム
第1日 9月7日(木)
9:30〜9:55 開会式
10:00〜10:50 特別講演「医療福祉政策と療養病床」
宮島俊彦氏 (厚生労働省大臣官房審議官 医療保険・医政担当)
11:00〜11:50 記念講演「一つ残った茶碗」千宗守氏(武者小路千家家元)
12:15〜13:00 ランチョンセミナー
13:15〜15:45 特別プログラム
[斗槁他欧砲けるターミナルケア
∬黶譴髪浜
だから療養病床は必要だ!
13:15〜18:30 一般演題発表
ポスターセッション
スライドセッション
ビデオセッション
16:00〜18:30 特別プログラム
ご埜遏Σ雜逎札潺福
テ院患者の食べることを支援するために
Δ海譴らの高齢者医療とIT
第2日 9月8日(金)
9:30〜12:00 特別プログラム
Ш8紊領斗槁他欧傍瓩瓩蕕譴襯螢魯咼螢董璽轡腑
美術からの試み
9:30〜12:00 一般演題発表
ポスターセッション
スライドセッション
12:15〜13:00 ランチョンセミナー(高齢者の排尿障害とQOL)
13:15〜13:20 次期大会開催案内
13:20〜16:30 メインシンポジウム「報酬改定を斬る」
シンポジスト 川渕孝一氏(東京医科歯科大学大学院教授)
         二木立氏(日本福祉大学教授・大学院委員長)
         西村周三氏(京都大学・大学院教授)
座 長     小山秀夫氏(静岡県立大学・大学院教授)

第14回日本療養病床協会全国研究会 開会式 会長 木下毅 御挨拶

特別プログラムのご案内 (PDF形式)

1.療養病床におけるターミナルケア 〜終末期に行う医療の範囲を考える〜

2.褥瘡と栄養
3.だから療養病床は必要だ! 〜ソーシャルワーカーの視点から〜
4.看護・介護セミナー〜中・重度患者へのケア〜
5.入院患者の食べることを支援するために 〜栄養ケア・マネジメントの視点から〜
6.これからの高齢者医療とIT
7.今後の療養病床に求められるリハビリテーション
8.美術からの試み

ポスターセッション座長一覧  ビデオセッション・PCスライドセッション座長一覧 
 
※大会誌原稿(PDF形式) 

ポスターセッション演題発表者一覧 ※大会誌原稿(PDF形式) 

ビデオセッション・PCスライドセッション演題発表者一覧 ※大会誌原稿(PDF形式) 



Copyright 2004 JAPAN ASSOCIATION OF LONG TERM CARE HOSPITALS 
日本慢性期医療協会 〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階 
TEL.03-3355-3120 FAX.03-3355-3122