日本慢性期医療協会トップページ
第15回日本療養病床協会全国研究会[神戸大会]
PCスライドセッション演題一覧
大会第1日 9月5日(水)
D1(PCスライドセッション) チームアプローチ(在宅復帰) 13:00〜14:00
座長 横山宏(恵信甲府病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
地域とのよりよい連携 身体障害者施設入所に向けてのチームアプローチ 鳴門山上病院 川北 香織
2
在宅復帰に向けての援助〜ADL向上と精神的支援〜
おさゆきリハビリテーション病院 淵脇 麻衣
3
回復途上で退院できた重度高次脳機能障害へのチームアプローチ 竹川病院 栗原 春季
4
胃瘻造設患者の在宅に向けて〜多職種の関わりについて〜 加賀温泉病院 増永 直子
5
心の拠り所となれる高齢者・家族ケア  在宅生活を見据えた医療・介護の連携 京都民医連第二中央病院 濱口 貴史
6
摂食障害のある患者の在宅復帰への援助 小林記念病院 山田 清美

D2(PCスライドセッション) チームアプローチ(ADL向上) 14:00〜15:00
座長 菅間 康夫(白澤病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
機能面・安全性・精神面が相互に与える影響〜チームアプローチを通して〜 加賀温泉病院 船見 純子
2
有効なポジショニングを提供するために〜リハビリスタッフとの連携を通して〜 しげい病院 守屋 由美
3
生活リハビリで気付いたチームアプローチの重要性
〜潜在能力を呼び起こせ〜
駒井病院 小田切 君枝
4
奇跡の歩行〜廃用により身体・精神機能が著しく低下した患者へのアプローチ〜 熱川温泉病院 森下 まゆ美
5
拘縮改善のためのチームアプローチ 角田病院 金田 祥子
6
寝たきりは嫌だ!!−症例を中心としたチームアプローチの実践− 有馬温泉病院 入江 崇夫

D3(PCスライドセッション) チームアプローチ(QOL向上) 15:15〜16:15
座長 有吉 通泰(有吉病院/理事長)
No
題名
所属
発表者名
1
もっと患者様のそばに!〜ひとり・一人が考えるチームケアを実施して〜 駒井病院 本吉 利江子
2
生活スタイルの改善〜チームアプローチで笑顔がもどった〜 博悠会温泉病院 岩崎 将司
3
ハンチントン舞踏病患者のQOL向上を目指して 藤民病院 前田 拓人
4
当院の入院患者における日中の過ごし方についての検討 青磁野リハビリテーション病院 金子 久美子
5
ご家族の精神面への支援で学んだ事〜2事例を振り返って〜 定山渓病院 池元 好江
6
家族満足度について最近10年間のアンケート推移を考える いなみ野病院 島野 良美

D4(PCスライドセッション) チームアプローチ(チーム医療) 16:15〜17:15
座長 上條 裕朗(上條記念病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
療養病床における臨床心理士のアプローチ 富家病院 平石 麻奈実
2
ワーカーのお仕事3−チームアプローチにおけるソーシャルワーカーの役割− 秋津鴻池病院 冬木 利明
3
私たちの病院におけるチーム医療の実際について 恵寿鳩ヶ丘病院 松木 サダ子
4
当院における院内褥瘡患者の検討〜褥瘡委員会活動の分析より〜 くまもと成仁病院 管 るみ子
5
呼吸器疾患患者の終末期ケア〜息苦しさとの闘い、14日間のチームアプローチ〜 光風園病院 原田 清香
6
褥瘡治癒における医療チームアプローチ 泉佐野優人会病院 水谷 清美

D5(PCスライドセッション) チームアプローチ(多職種連携) 17:15〜18:15
座長 鳥巣 良一(小平中央リハビリテーション病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
ケアの向上につながる業務改善〜清拭を通して〜 内田病院 小池 京子
2
意識障害患者さまの経口摂取アプローチからの学び 定山渓病院 今野 民子
3
看護と介護のより良い業務の連携を行うには 総泉病院 本田 千葉子
4
医療安全から良い看護・良い介護を考える〜「良い」から「好い」へ〜 おさゆきリハビリテーション病院 川口 真毅
5
高齢者の共通理解を多職種間で得るために 〜CGAに着目して〜 松谷病院 山 好美
6
当院におけるNST勉強会への取り組み 総泉病院 押尾 秀美

E1(PCスライドセッション) リハビリテーション(在宅復帰) 13:00〜14:00
座長 大村 みさき(富家病院/リハビリテーション室長)
No
題名
所属
発表者名
1
脳血管障害発症後1年10ヶ月で自宅復帰に至った1症例 鶴巻温泉病院 山崎 瀬一
2
医療保険制度改正の前後を比較して〜在宅復帰率の動向〜 福井リハビリテーション病院 樋口 明日花
3
重度の左無視を克服し、主婦復帰をめざす療養病床維持期リハの挑戦 竹川病院 大窪 加奈子
4
おうちへ帰ろう!〜長期療養が必要な方への外出支援の取り組み〜 北中城若松病院 西村 知子
5
デイホームの実施〜退院に向けたチームアプローチ〜 博愛記念病院 村田 千草

E2(PCスライドセッション) リハビリテーション(在宅復帰) 14:00〜15:00
座長 田岡 亮一(光風園病院/リハビリテーション科科長)
No
題名
所属
発表者名
1
脳梗塞左片麻痺を呈した一症例〜長期療養から在宅復帰を目指して〜 平成病院 坂口 博紀
2
高次脳機能障害を伴う脊髄損傷患者の退院にむけてのアプローチ 西円山病院 中田 由香
3
在宅に向けてのリハビリのかかわり−なぜ在宅に復帰できたのか− 福井リハビリテーション病院 平野 敬子
4
院内環境設定により自宅復帰がスムーズにいった症例 橋本病院 井上 和之

E3(PCスライドセッション) リハビリテーション(在宅リハ) 15:15〜16:15
座長 東 貴之(大原記念病院/訪問リハビリテーション事業所主任)
No
題名
所属
発表者名
1
家屋調査のその後〜訪問して分かった真実〜 大宮共立病院 和田 麻里
2
障害受容の困難な患者家族への在宅生活支援 池端病院 長門 麻理恵
3
在宅高齢者の転倒状況と運動機能についての検討〜転倒スクリーニングを目指した試み〜 博愛記念病院 池村 健
4
高次脳機能障害を呈した症例に対する環境設定〜家族を通してのアプローチ〜 総泉病院 森木 幸恵
5
訪問リハビリテーションに求められていること 中洲八木病院 西原 縁

E4(PCスライドセッション) リハビリテーション(回復期リハ) 16:15〜17:15
座長 諏訪 勝志(恵寿鳩ヶ丘病院/係長)
No
題名
所属
発表者名
1
診療報酬改訂による当院回リハ病棟の変化〜問題予測と取り組み〜 赤穂中央病院 清原 和美
2
一本の色えんぴつ 長島中央病院 瀬古 奈奈
3
「環境調整と看護の工夫」〜リハビリテーションを円滑に遂行できたせん妄の症例〜 橋本病院 富田 美保
4
失語・失行のある重度右片麻痺者の排泄動作獲得要因 富家病院 宮崎 弥重
5
回復期病棟におけるリハ的看護とは 高次脳機能障害を伴った事例を通して 筒井病院 稲田 美香
6
回復期リハビリテーション病棟でのせん妄のケア〜なんとかなる!せん妄 入院時と退院時を比較して〜 橋本病院 山岡 弘美

E5(PCスライドセッション) リハビリテーション(回復期リハ) 17:15〜18:15
座長 西田 宗幹(秋津鴻池病院/リハビリテーション部次長)
No
題名
所属
発表者名
1
脳卒中患者に対するリハビリテーションの急性期、回復期の連携 美原記念病院 山口 麻美
2
急性期から回復期リハ病棟への情報伝達の現状-標準化指標の使用状況- 千里リハビリテーション病院 入口 奈緒美
3
回復期リハビリテーション病棟における情報共有の取り組み 光風園病院 明石 哲也
4
「回復期病棟でのセンター方式の取り組み」〜スタッフが対象者と同じ視点で関わり、その人らしい生活を目指して〜 ちゅうざん病院 喜友名 彩
5
回復期リハビリテーション病棟の課題への取り組み 御野場病院 笠原 詠里子
6
回復期リハビリテーション病棟における評価の現状 千里リハビリテーション病院 橋本 英之

F1(PCスライドセッション) 食事サービス 13:00〜14:00
座長 菅原 啓(定山渓病院/副院長)
No
題名
所属
発表者名
1
半固形化栄養剤の利便性の検討 有馬病院 伊地知 ひとみ
2
安全で、おいしく、美しい嚥下困難対応食の提供 いなみ野病院 成田 愛
3
PEG患者のQOL向上への取り組み−半固形栄養剤使用の効果− 千木病院 高田 千嘉
4
PEG患者の瘻孔管理〜半固形化経腸栄養剤の試み〜 協和南病院 亀田 由美子
5
ペースト食導入の効果 北淡路病院 清水 彩加

F2(PCスライドセッション) 食事サービス/嚥下機能 14:00〜15:00
座長 名古 将太郎(千里リハビリテーション病院/主任(ST))
No
題名
所属
発表者名
1
いつまでも元気で食べたい〜誤嚥防止ケアに取り組んで〜 鳴門山上病院 橋本 和子
2
衛生管理を効率的にするために厨房を新設して 湖東病院 鈴木 詔子
3
ソフト食の取り組み 京都南西病院 並河 久美
4
スープ作りを通して得たこと〜美味しいスープを皆で作って食べる効果〜 霞ヶ関中央病院 小塚 敦子
5
嚥下訓練食の見直しとその評価 嵯峨野病院 山内 真奈美
6
水分をおいしく飲むために〜トロミの付け方の工夫〜 阿蘇温泉病院 小堀 千穂

F3(PCスライドセッション) 嚥下機能 15:15〜16:15
座長 藤本 篤士(西円山病院/歯科診療部長)
No
題名
所属
発表者名
1
経管栄養から経口摂取 新仁会病院 西浦 加純
2
経管栄養から経口摂取へのアプローチ 志村大宮病院 菊池 崇
3
長期経管栄養患者の経口摂取へ向けての取り組み 大宮共立病院 気田 聖子
4
胃瘻造設患者への経口摂取に向けた取り組み〜嚥下機能評価を活用したチームアプローチの効果〜 安来第一病院 安部 牧子
5
胃瘻から経口摂取能力回復へ〜成功・不成功例の比較〜 ふくの若葉病院 前川 将子
6
博愛記念病院における経口移行事例 博愛記念病院 梅本 律子

F4(PCスライドセッション) 嚥下機能 16:15〜17:15
座長 阪口 英夫(大生病院/歯科口腔外科科長)
No
題名
所属
発表者名
1
当院の摂食機能療法取り組み 聖ケ塔病院 高嶋 里美
2
摂食・嚥下障害対策等に関する実態調査結果報告 ナカムラ病院 金久 弥生
3
経管栄養(胃瘻)から経口可能となった一症例−他職種連携を通じて− 大宮共立病院 古田 裕紀
4
摂食・嚥下・栄養に関する院内症例検討会の活動報告 鶴巻温泉病院 香取 民子
5
当院における摂食・嚥下リハビリの現状と課題 西日本病院 田中 亜矢子

F5(PCスライドセッション) 労務管理・IT関連 17:15〜18:15
座長 遠洞 茂樹(定山渓病院/経営管理部長)
No
題名
所属
発表者名
1
ストレスに対するアンケートを実施して〜労働安全委員会の取り組み〜 福井リハビリテーション病院 山内 やよい
2
KJ法を取り入れた職場環境づくり−病棟目標作成までの活動− 温泉リハビリテーションいま泉病院 宮本 友美
3
介護職員のための腰痛予防対策 京都南西病院 奥田 直美
4
療養病床における看護配置要因を考える-看護必要度評価を用いて- 高知病院 佐田 久美子
5
超高齢化社会に必要とされる人材育成 泉佐野優人会病院 宮崎 友紀
6
グループウェアで情報共有をしよう! 鹿島病院 小豆澤 正実

G1(PCスライドセッション) 口腔ケア 13:00〜14:00
座長 金久 弥生(ナカムラ病院/歯科衛生士室主任)
No
題名
所属
発表者名
1
通所リハビリテーションにおける利用者への口腔ケア介入による効果〜口腔衛生に対する意識の向上〜 南ヶ丘病院 出口 久美子
2
病棟での口腔ケアの見直し〜口腔ケア用品の選択と実践〜 原三信病院香椎原病院 生原 和恵
3
口腔ケアの取組み〜ドライマウスの改善〜 内田病院 藤井 直美
4
療養病床における歯科衛生士のかかわり〜その後の経過〜 嵯峨野病院 立入 久仁美
5
歯科併設のない当院における歯科衛生士の取り組み 小林記念病院 小林 恵理

G2(PCスライドセッション)口腔ケア 14:00〜15:00
座長 糸田 昌隆(わかくさ竜間リハビリテーション病院/診療部長)
No
題名
所属
発表者名
1
口から始まるあなたの未来! 鹿島病院 中村 みどり
2
口腔ケアシステムの確立〜コストダウンと口腔内環境改善を目指して〜 三愛病院 新美 拓穂
3
経口摂取をされない患者様の口腔ケアの取り組み 加治木温泉病院 中濱 節子
4
重曹水を使用した口腔ケア−効果的で低コストなケアを探る− 総泉病院 山田 真奈美
5
口腔内刺激による意識レベルの改善 北淡路病院 藤本 麻夕

G3(PCスライドセッション) 医療区分/クリティカルパス 15:15〜16:15
座長 吉松 秀則(水戸病院/理事長)
No
題名
所属
発表者名
1
療養病床の医療区分気隆擬圓梁牘〆て颪瞥廾について 永生病院 山下 小百合
2
療養病床の現場で何が変わったか?〜医療区分に伴う看護の取り組み〜 中澤病院 貞松 久美子
3
医療区分活用による病棟機能の充実−リハビリ・慢性疾患・看取りの看護− 新田原聖母病院 山内 春代
4
医療区分導入後にリハビリテーションはどう変わったか!!? 池端病院 鈴木 綾子
5
療養型病床における病状シートの有用性 東浦平成病院 谷 雅代
6
医療区分を見据えたクリティカルパスの作成〜肺炎を例に挙げて〜 松谷病院 東本 都貴

G4(PCスライドセッション) 医療区分/機能評価 16:15〜17:15
座長 峯廻 攻守(西円山病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
私たちの病院における「医療区分」業務の実際 恵寿鳩ヶ丘病院 金谷 明美
2
診療情報管理士としての医療区分制度への関わり方 北淡路病院 川田 昌敏
3
療養病床の患者分類(医療区分による診療報酬制度)導入による影響について 博愛記念病院 宮崎 彰子
4
医療区分の導入から定着まで−制度改定に多職種で取り組む− 新田原聖母病院 野田 実穂
5
ISO14001の実践〜環境活動の効果について〜 定山渓病院 林 辰弥
6
医療機能評価の更新に向けての取り組み 高田病院 古市 誠

G5(PCスライドセッション) 病院経営 17:15〜18:15
座長 橋本 洋一(苫小牧東病院/理事長・病院長)
No
題名
所属
発表者名
1
「当院におけるQCサークル活動について」〜QCサークル活動の導入実績より〜 玉島病院 多々納 俊樹
2
良質な慢性期医療に向けて 大谷リハビリテーション病院 大谷 宏明
3
診療情報管理室から見た鹿教湯病院 鹿教湯三才山リハビリテ−ションセンタ−鹿教湯病院 中澤 敏夫
4
BSCの試行と今後の課題 西円山病院 西川 岳人
5
未払金回収とその予防についての取り組み 看護・MSW・総務だからできたこと 光風園病院 山 隆規

H1(PCスライドセッション) 認知症 13:00〜14:00
座長 久原 伊知郎(原病院/理事長)
No
題名
所属
発表者名
1
プロフィールシートを用いた認知症行動障害改善の為の評価表 新京浜病院 中村 弘美
2
不眠に対するケアにより行動障害の軽減をはかる〜フットケア・入浴を試みて〜 八多病院 鹿草 美記
3
センサーマットを導入しての一考察〜スタッフの意識調査を実施して〜 芳珠記念病院 北村 梨恵
4
転倒・転落を繰り返す認知症高齢者へのニーズを引き出す関わり 霞ヶ関中央病院 鈴木 智子
5
接遇に対する職員の意識調査を行って ナカムラ病院 沖中 麻紀
6
一瞬の輝きを求めて〜高齢者の生活史をみつめたケア〜 青梅慶友病院 山内 愛子

H2(PCスライドセッション) 認知症 14:00〜15:00
座長 小山 匡(南淡路病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
昔話を通じた記憶保持の変化について〜よりよいコミュニケーションの有り方を目指して〜 奈良厚生会病院 田中 慎
2
認知症患者に学習療法とアロマセラピーを試みて−職員が対応できなかった大きな問題− 和恵会記念病院 田中 文子
3
ダイバージョナルセラピーの取り組み 橋本病院 斉藤 由紀
4
バリデーション療法の検証 泉佐野優人会病院 能岡 祐介
5
個人の人生を知るアセスメントシートの作成 橋本病院 田辺 幸子
6
個人の人生を知るアセスメントシートの作成(SWの視点から) 橋本病院 大野 幸織

H3(PCスライドセッション) 認知症 15:15〜16:15
座長 井手 芳彦(燿光リハビリテーション病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
基礎疾患治療が必要で、問題行動のある認知症患者への対応 いなみ野病院 三嶋 八重子
2
重度の認知症症例に対する経口摂取移行への取り組み 京都南西病院 山本 陽平
3
肝性脳症に陥った認知症患者のケア〜副作用と異常行動が出現した患者のケア奮闘期〜 光風園病院 川野 亜季子
4
重度の知的障害患者の看護〜生活行動の広がりから見えてきたこと〜 沖縄メディカル病院 新垣 多代
5
なぜ食べるの?〜異食への対策・対応を試みて〜 ナカムラ病院 三浦 正和
6
尊厳あるケアをめざして〜「自分で食べたい」〜 二ツ屋病院 浜田 純子

H4(PCスライドセッション) レクリエーション 16:15〜17:15
座長 今富 千鶴(青磁野リハビリテーション病院/病棟師長)
No
題名
所属
発表者名
1
遊びリテーションに取り組んで〜さらなる充実をめざして〜 佐倉厚生園 村松 理恵
2
鶴巻温泉病院におけるレクリエーション活動〜外出サービスの取り組み〜 鶴巻温泉病院 小林 寛美
3
認知症患者への音楽アプローチ〜音楽レクレーションを通じて〜
天竜すずかけ病院
山本 あや
4
日常生活に日記を取り入れて 奈良厚生会病院 比名 崇
5
医療病棟における遊びリテーションの取り組み 湘南長寿園病院 東石 まゆみ
6
当院におけるデイホームの試み 博愛記念病院 村澤 知佳

H5(PCスライドセッション) レクリエーション 17:15〜18:15
座長 山田 義岡(北中城若松病院/病棟課長(看護))
No
題名
所属
発表者名
1
評価表を用いたリハビリレクリエーションの効果 新戸塚病院 田村 和浩
2
男性患者の余暇活動について考える
〜脱ベッド寝たきり生活〜
ちゅうざん病院 賀数 幸子
3
ADL向上へのアプローチ〜個別リハビリテーションを導入して〜 平成記念病院 亀田 美久
4
パジャマから私服への援助〜自分らしい生活を送るための第一歩〜 寿泉堂香久山病院 山田 瞳
5
最期が100のリハビリテーション−最晩年の余暇生活支援について− 青梅慶友病院 草壁 孝治

I1(PCスライドセッション) 介護予防 13:00〜14:00
座長 佐藤 峰子(大宮共立病院/看護部長)
No
題名
所属
発表者名
1
センナ茶の評価 高山厚生病院 中脇 郁佳
2
オリジナルビデオを使ったトランスファーの技術向上を目指して 大原記念病院 中川 恵二
3
新体圧分散用具(プリコンクッション)の除圧に対する有効性の検証 千木病院 梶原 須美子
4
療養病床における介護予防事業への取り組みについて〜口腔機能向上教室を開催して〜 わかくさ竜間リハビリテーション病院 貴島 真佐子
5
介護予防事業における口腔機能向上について わかくさ竜間リハビリテーション病院 伊藤 美季子

I2(PCスライドセッション) 介護予防 14:00〜15:00
座長 今野 民子(定山渓病院/看護師長)
No
題名
所属
発表者名
1
表皮剥離「0」を目指して 北九州中央病院 吉田 妃早代
2
「お口の体操」の実施〜通所サービスでの試み〜 北淡路病院 西谷 和久
3
ノルディックウォーキング〜介護予防への応用〜 松谷病院 松谷 之義
4
介護予防対象者への取り組み 新札幌パウロ病院 長谷 優子
5
運動機能向上に対する取り組み〜MTTとリハビリ体操の効果〜 平成病院 奥野 優作

I3(PCスライドセッション) メタボリック・検診/介護予防
座長 中尾 郁子(光風園病院/看護部長)
No
題名
所属
発表者名
1
当院における高齢者糖尿病の管理 いなみ野病院 芳野 弘
2
“脱メタボ”に向けてのアプローチ〜患者さんと歩んで見えたもの〜 松谷病院 北口 祐子
3
健康づくり支援講習会のこころみ 平成病院 末岡 久美子
4
排痰を促すための呼吸理学療法を試みて〜事例を通しての考察〜 小平中央リハビリテーション病院 大槻 映子
5
日中の活動と夜間睡眠の関係−アソビリテーションに笑いを取り入れる事に挑戦− 小平中央リハビリテーション病院 白鳥 妙子

I4(PCスライドセッション) ケアプラン/通所サービス 16:15〜17:15
座長 山田 智子(光風園病院/病棟師長)
No
題名
所属
発表者名
1
在宅復帰に向けてのケアプラン作成 大宮共立病院 佐藤 久実子
2
コミュニケーションを充実させるために 三次病院 下森 由美子
3
ケアプランアセスメント能力向上に向けて〜当院独自のトレーニングシートを活用して〜 青磁野リハビリテーション病院 岩村 富恵
4
当院通所リハ利用者における認知機能と社会的交流との関連 〜対人交流に着目して〜 博悠会温泉病院 上口 淳美
5
弥刀デイサービスセンターの取り組み〜季節の行事を通して〜 弥刀中央病院 農本 忠和
6
通所リハビリテーションにおける転倒予防の取り組み 京都南西病院 森 直人

I5(PCスライドセッション) 通所サービス/在宅ケア 17:15〜18:15
座長 大月 さとみ(鹿島病院/看護部長)
No
題名
所属
発表者名
1
高次脳機能障害の利用者様への働きかけを通して学んだこと 石巻港湾病院 高川 奈々
2
退院前指導により在宅に移行できた気切症例の家族への聞き取り調査 青森慈恵会病院 千葉 亜樹
3
在宅で末期がん患者を介護する家族の不安に対する支援の検討 角田病院・訪問看護ステーションもくせい 高橋 美加
4
当院における在宅看取りの課題 訪問看護ステーションの立場から 梅村病院 佐藤 ゆきゑ
5
弥刀中央病院の訪問診察の現状報告 弥刀中央病院 大西 和惠
大会第2日 9月6日(木)
 
B9(PCスライドセッション) ターミナルケア 13:15〜14:15
座長 加藤 寛(泉佐野優人会病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
終末期ケアへの取り組み〜患者とご家族の心が癒される終末期ケア〜 ふくの若葉病院 長井 昌子
2
ライフスタイルの充実を求めて 城北病院 瀬藤 真梨子
3
アルツハイマー病患者のターミナルケア〜苦悩する患者の中期、後期、終末期に寄り添って〜 光風園病院 黒神 ルミ
4
手紙を書く楽しみ・もらう喜び〜認知症患者にもたらす効果〜 大宮共立病院 星 隆行
5
認知症を持つ患者様のQOL向上をめざして たたらリハビリテーション病院 米原 秀紀

B10(PCスライドセッション) ターミナルケア 14:15〜15:15
座長 佐藤 伸彦(砺波サンシャイン病院/副院長)
No
題名
所属
発表者名
1
魅力ある病棟づくり〜ターミナルケア・ケアプランの充実〜 北中城若松病院 上地 しず子
2
デスカンファレンスを通して、日常ケアを振り返る 刈谷豊田総合病院東分院 石川 幸江
3
ターミナルカンファレンスの意義〜事例を通して私たちが学んだこと〜 嵯峨野病院 谷口 明子
4
ターミナルケアにおける点滴皮下注射法の有効性 いけだ病院 小川 江美子
5
ターミナルリハビリテーションの試み〜療養病棟における心理・社会面を支えるリハビリテーションアプローチ〜 永生病院 山浦 賢一

B11(PCスライドセッション) ターミナルケア/癒し・療養環境 15:30〜16:30
座長 高原 良典(弥刀中央病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
死の受容過程を支えて(終末期におけるインフォームド・コンセントのあり方を考える) 永生病院 岡元 晴恵
2
リハスタッフのターミナルに対する意識調査 定山渓病院 中前 万奈美
3
下肢浮腫患者への精神的苦痛の緩和 アロマセラピー・リンパマッサージ 山の上病院 宇土 紀代美
4
心地良さへのアプローチ 長期臥床患者様とのふれあいを試みて 陵北病院 二瓶 小路
5
睡眠導入の効果−睡眠障害がある高齢患者さまへ玉ねぎの香りを用いて− 山口平成病院 竹本 直也
6
音楽療法〜癒しの時間〜 北淡路病院 金田 紗代子

C9(PCスライドセッション) 地域連携 13:15〜14:15
座長 伊藤 静子(総泉病院/地域連携室主任)
No
題名
所属
発表者名
1
東京都南多摩地域における脳血管疾患医療連携の試み〜南多摩圏域脳血管疾患医療連携検討会の活動から〜 永生病院 渡邉 要一
2
急性期病院と療養病床の連携 光風園病院 内野 奈美枝
3
地域医療連携室のあゆみとその成果 泉佐野優人会病院 河野 大地
4
地域連携「徳島方式」 博愛記念病院 大川 真履
5
在宅療養支援診療所との連携の実態 平成病院 原 護

C10(PCスライドセッション) 感染対策/看護計画 14:15〜15:15
座長 山本 広幸(池端病院/副院長)
No
題名
所属
発表者名
1
実践しよう!私達に出来る感染対策−あなたの手大丈夫?− 北九州湯川病院 大石 和美
2
療養型病院におけるMRSA検出状率ならびに除菌による効果について 恵信甲府病院 千葉 直彦
3
当院における感染性胃腸炎の経験 福井リハビリテーション病院 三好 義光
4
当院の急性期を含めたMRSA対策(1) 上條記念病院 坪井 真美
5
療養病床のMRSA対策(2)−MRSA保菌者「0(ゼロ)」を目指して− 上條記念病院 上條 裕朗
6
ノロウィルスとの戦いに取り組んだ一ヶ月 有馬温泉病院 野田 和美

C11(PCスライドセッション) 感染対策/看護計画 15:30〜16:30
座長 加藤 正彦(春木病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
バルーン申告制の導入について 東浦平成病院 逢坂 明子
2
院内感染情報の共有化のためのシステム構築の取り組み 川越リハビリテーション病院 奈良井 佳見
3
当院における感染対策への意識調査−平成16・17年度意識調査の比較− 中洲八木病院 坂東 由季子
4
固形化栄養剤投与による誤嚥性肺炎の予防 投与法の選択方法と基準について 名南ふれあい病院 大上 大介
5
当院での肺炎治療の現状 永生病院 山路 朋久
6
人工肛門造設後、正中創離開した創傷のトータルケアを援助して 博愛記念病院 森 準子

D6(PCスライドセッション) 栄養ケアマネジメント 9:00〜10:00
座長 涌波 淳子(北中城若松病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
笑顔がアップ!栄養ケア〜食材アレンジでみんな生き生き〜 友愛記念病院 小笠原 緒美
2
栄養管理実施加算導入後の個別対応食の推移 秋津鴻池病院 福田 実幸
3
経管栄養から経口への移行を目指した栄養ケア・マネジメント 鹿島病院 中橋 陽子
4
栄養管理実施加算及び摂食嚥下障害等に関する実態調査結果報告 大原記念病院 中西 輝子
5
栄養スクリーニングを始めて〜4ヶ月間の集計〜 高良台リハビリテーション病院 牛島 綾子
6
経腸栄養と経口摂取併用栄養療法 博愛記念病院 長尾 優子

D7(PCスライドセッション) 栄養ケアマネジメント 10:00〜11:00
座長 坂之上 一史(鹿島病院/副院長)
No
題名
所属
発表者名
1
栄養ケアマネジメントの展望と課題 永生病院 山下 晋矢
2
栄養ケアマネジメントの質向上を目指して−チーム医療の確立− 長田病院 近藤 幸
3
当院での栄養ケア・マネジメントと今後の課題 光風園病院 松本 友子
4
当院におけるNST活動〜1年間の活動から見えてきたもの〜 鳴門山上病院 岡島 由佳
5
栄養ケアマネジメントの構築から〜終末期ケアから学んだもの〜 鶴巻温泉病院 清水 幸子
6
回復期リハビリテーション病棟におけるNSTの取り組み 石巻港湾病院 平山 美和

D8(PCスライドセッション) 栄養ケアマネジメント 11:00〜12:00
座長 名和 剛(永生病院/医療技術部長)
No
題名
所属
発表者名
1
中心静脈栄養法について〜栄養士の立場から考える〜 定山渓病院 蒲生 亜矢子
2
高齢入院患者のALB値とBUN値に関する調査 博愛記念病院 倉本 悦子
3
栄養ケア・マネジメントによる多職種間との連携 市比野記念病院 山内 美穂子
4
長期療養型における高齢者の身体に及ぼす影響について〜栄養面からの考察〜 西円山病院 岡村 寛子
5
体重の増減を指標とした栄養管理 豊川青山病院 山田 嘉恵
6
リハビリと栄養管理におけるADL向上 博愛記念病院 一ツ松 愛弓

D9(PCスライドセッション) 栄養ケアマネジメント 13:15〜14:15
座長 須賀 晴彦(富家千葉病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
褥瘡を有する感染症患者の栄養アセスメント2例 東浦平成病院 岩城 達也
2
栄養介入により褥瘡改善した症例 山口平成病院 藤本 奈緒美
3
栄養補助食品の使用により褥瘡の治癒を早めた症例 新京浜病院 稲葉 悦子
4
銅・亜鉛を強化した栄養補助食品の使用経験(1)血液検査値の変動と留意点 恵信甲府病院 鈴木 松子
5
銅・亜鉛を強化した栄養補助食品の使用経験(2)褥瘡が著明改善した2症例 恵信甲府病院 鶴田 真弓
6
認知症と栄養 南淡路病院 矢内 早紀

D10(PCスライドセッション) 褥瘡 14:15〜15:15
座長 宮地 千尋(宮地病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
褥瘡減少への取り組み〜除圧と体位の視点〜 城山病院 奥薗 景子
2
糖尿病患者の難治性褥瘡が改善した3事例 湘南長寿園病院 三嶋 康子
3
糖尿病を合併した重症褥瘡に対する複合的アプローチ 竹川病院 石井 江美子
4
ラップ療法を試みて 褥瘡の早期治癒をめざして 陵北病院 浅海 健司
5
体位変換に規制がある状態での褥瘡を持つ患者の看護 春木病院 権 梨恵

D11(PCスライドセッション) 褥瘡 15:30〜16:30
(座長) 宮本 美恵子(橋本病院/看護部長)
 
No
題名
所属
発表者名
1
離床時の褥瘡予防のポイント−全入院患者のブレーデンスケール集計結果から− 初富保健病院 蔦谷 美弥子
2
当院における褥瘡症例報告〜ラップ療法を取り入れて〜 はすみ敬愛病院 松嶋 淳子
3
褥瘡にODT療法を取り入れての経済効果 唐比病院 伊達 京子
4
褥瘡治療における有効性評価の方法の考察 三条東病院 岡村 正夫
5
療養病院における褥瘡への取り組み〜患者の生命力の消耗を最小限にするために〜 八尾はぁとふる病院 徳田 愛
6
当グループにおける、自院での褥瘡発生件数と重症度の関係について 博愛記念病院 宮崎 彰子

E6(PCスライドセッション) リハビリテーション(PT) 9:00〜10:00
座長 宮崎 陽夫(総泉病院/リハビリテーション科科長)
No
題名
所属
発表者名
1
介護療養型医療施設におけるリハビリテーションの現状〜在宅復帰獲得の症例報告を通じて〜 南高井病院 和田 幸枝
2
当院療養病棟における身体能力向上者の要因について ちゅうざん病院 船曳 拓生
3
当院療養病棟における,退院に向けての理学療法の取り組み ちゅうざん病院 仲盛 真史
4
理学療法(リハビリテーション)に対する患者満足度 高知病院 川村 壮一郎
5
理学療法士の転倒への関わり−リスク認識の違いについて− 市比野記念病院 春山 恵美
6
当院における転倒骨折を起こす要因について 慶和病院 長山 尽

E7(PCスライドセッション) リハビリテーション(PT) 10:00〜11:00
座長 山本 亮(千里リハビリテーション病院/主任(PT))
No
題名
所属
発表者名
1
算定制限を越えてのリハビリの成果(Barthel Indexを比較して) 山口平成病院 弘下 賢二
2
当院における疾患別の算定期間後のリハビリテーション効果の検証 東浦平成病院 下土居 俊樹
3
リハビリ算定上限を迎えた患者様のADL維持の為の取り組みの一報告 西日本病院 渡邊 裕美
4
長期臥床患者様に腹臥位療法をこころみて 名南ふれあい病院 杉山 政隆
5
緩徐な回復を呈するくも膜下出血の一症例 有馬温泉病院 田中 力
6
パワーをもらおう!!〜回復期のしわよせと療養型の活性化〜 勝山病院 神山 真知子
岸本 恵一

E8(PCスライドセッション) リハビリテーション(PT) 11:00〜12:00
座長 近藤勝彦(中洲八木病院/リハビリテーション室室長)
No
題名
所属
発表者名
1
リハビリ・家族間の“ほうれんそう〜1症例を通して感じたこと〜 加賀温泉病院 溝江 千恵美
2
個別療法に併せて行う集団レク・体操の意義 〜当院での取り組み〜 いなみ野病院 小澤 裕次
3
夜間の活動量の拡大を目指して カラオケ・バーカウンターを利用して 橋本病院 水越 祐輔
4
意識障害はあっても、心は通じています〜患者様とご家族の強い絆の中で〜 北中城若松病院 島袋 尚美
5
病棟スタッフが行う関節可動域訓練の効果を検証する 有隣厚生会富士小山病院 芹沢 美里
6
最期が100のリハビリテーション 青梅慶友病院 今枝 裕二

E9(PCスライドセッション) リハビリテーション(PT) 13:15〜14:15
座長 井川 誠一郎(豊中平成病院/副院長)
No
題名
所属
発表者名
1
紙オムツとリハビリパンツにおける坐位バランスの一考察 安来第一病院 西尾 剛
2
「片麻痺患者様のトイレ動作について」 三条東病院 丸山 聡子
3
当院における車いすの現状と問題点〜備品普通型車いすと患者様との適合〜 定山渓病院 河野 伸吾
4
シーティングに関する意識調査−当院での取り組みと今後の課題− 小平中央リハビリテーション病院 石田 尚久
5
重症患者のトランスファーに関する現状報告 信愛病院 神代 梢
6
療養型病院における移乗時のトラブル防止に対する取り組み 恵寿鳩ヶ丘病院 諏訪 勝志

E10(PCスライドセッション) リハビリテーション(OT) 14:15〜15:15
座長 笠原 みゆき(信愛病院/作業療法科科長)
No
題名
所属
発表者名
1
当院の介護療養病棟における作業療法実践 大阿蘇病院 柿本 恭子
2
強制把握に対する作業療法によりADLが著明に改善した一症例 有馬温泉病院 谷村 雄一郎
3
重度脳卒中リハ患者のADL項目別難易度について 刈谷豊田総合病院東分院 大矢 みどり
4
タッピングのタイミングと力の制御に与える加齢の影響 鳴門山上病院 佐々木 寛和
5
認知症に対する作業療法の取り組み 鶴巻温泉病院 福井 麻里絵
6
アクティビティにより認知症の行動・心理症状の緩和を図る
−認知症に対する作業療法−
和恵会記念病院 阿部 邦彦

E11(PCスライドセッション) リハビリテーション(OT/ST) 15:30〜16:30
座長 池田 薫(燿光リハビリテーション病院/リハビリ科係長)
No
題名
所属
発表者名
1
「食べこぼしの軽減を目指して」〜シーティングを用いての取り組み〜 加賀温泉病院 永井 克弥
2
食事動作の改善による誤嚥予防〜安全な自力摂取を目指して〜 安来第一病院 岩田 圭介
3
食事動作へのアプローチ 新富士病院 野添 秀和
4
永生病院療養病床におけるSTの働き方(その1)−実態調査より− 永生病院 松岡 恵
5
永生病院療養病床におけるSTの働き方(その2)−限られたコマの分配− 永生病院 山本 徹
6
長期経過観察でコミュニケーションに改善が認められた一事例 定山渓病院 浅野 有希

F6(PCスライドセッション) 薬剤管理 9:00〜10:00
座長 棗 則明(総泉病院/薬剤科長)
No
題名
所属
発表者名
1
当病棟の注射点滴の事故報告に関する現状と対策の検討 北中城若松病院 知花 進
2
生食ロックを試みて 北山病院 玉城 隼人
3
持参薬調査から求められる薬剤師間の病病連携 鹿島病院 河角 康
4
当院における持参薬管理−医薬品の適正使用と安全のために− 大宮共立病院 相場 大樹
5
いかにして薬を服用していただくか Part3〜回復期リハビリ病棟における患者様の在宅に向けての服薬支援〜 鳴門山上病院 花棚 晶子
6
『簡易懸濁法を導入して』〜アンケート結果より〜 永生病院 高橋 繭子

F7(PCスライドセッション) 薬剤管理 10:00〜11:00
座長 姉崎 千津子(大宮共立病院/薬剤部長)
No
題名
所属
発表者名
1
薬剤師による配薬車セット業務の報告 鶴巻温泉病院 狩野 亜希子
2
オーダリングシステム構築による薬剤科業務の変化〜当院オリジナルのオーダリングシステムによる業務の効率化〜 光風園病院 福原 貴子
3
療養病棟におけるフロセミド投与の功罪 豊中平成病院 谷本 真希
4
当院における抗生剤の使用状況について 東浦平成病院 坂東 理江
5
内服5剤制限の効果 豊中平成病院 岸本 泰
6
「薬剤管理指導業務」に関する緊急アンケート実施報告 鳴門山上病院 賀勢 泰子

F8(PCスライドセッション) 医療安全(誤薬防止) 11:00〜12:00
座長 青山 智子(鳴門山上病院/薬剤科係長)
No
題名
所属
発表者名
1
誤薬ゼロをめざして〜簡易懸濁法の導入を機に作業手順を見直して〜 サンバリー福岡病院 山本 清美
2
誤薬防止システムを導入して 富家千葉病院 横瀧 真也
3
誤薬防止への取り組み−バーコード与薬確認システムの活用− 総泉病院 横山 泰子
4
バーコード利用による事故防止および薬剤管理について 北淡路病院 山元 京子
5
事故の減少を目指して−事故が起きる前に− 湖東病院 大石 宜世
6
CI(臨床指標)としての誤薬率・転倒転落率の活用 永生病院 佐竹 ケイ子

F9(PCスライドセッション) 医療安全(移乗介助・転倒防止) 13:15〜14:15
座長 山田 英夫(三条東病院/病院長)
No
題名
所属
発表者名
1
当院における転倒率の分析 なごみの里病院 梅原 亮子
2
安全な移乗方法の統一−起因する骨折0を− 信愛病院 斎川 啓子
3
チ―ムで取り組む事故防止−転倒事故防止にむけての取り組み− 芦ノ牧温泉病院 吉田 栄子
4
転倒・転落事故のキーワードを探る〜インシデント・アクシデントレポートの分析から〜 天竜すずかけ病院 渡辺 紀久子
5
高齢者における転倒・転落事故予防〜個々に合わせた方法を模索する〜 弥刀中央病院 浅井 千晶
6
皮膚損傷防止への検討 フットレスト保護カバー装着の効果 西能みなみ病院 山崎 由紀子

F10(PCスライドセッション) 医療安全(インシデント・ヒヤリハット) 14:15〜15:15
座長 橋本 康子(橋本病院/理事長)
No
題名
所属
発表者名
1
当院におけるヒヤリ・ハットと医療安全対策 中洲八木病院 近藤 勝彦
2
インシデント報告書提出を促進する因子,阻害する因子 常盤台病院 野原 知子
3
当院における医療安全対策の取り組み 南小樽病院 星 亮太郎
4
医療現場における危険予知運動の導入 豊和病院 小島 雅博
5
療養病床における医療安全対策 京都南西病院 中 繁明

F11(PCスライドセッション) 医療安全(身体抑制) 15:30〜16:30
座長 松谷 之義(松谷病院/理事長)
No
題名
所属
発表者名
1
事故防止−リスクマネジメントプロセスの視点に沿って− 水城病院 角 菜美子
2
長期療養型病院における専任リスクマネージャーの活動 宇部リハビリテーション病院 清水 昌子
3
高齢者に於ける皮膚剥離の改善を目指して 石巻港湾病院 三浦 ふき子
4
「縛らないケア」とリスクマネジメント〜事例を通じた意識改革〜 南高井病院 末光 直樹
5
胃瘻の自己抜去を防ぐための下着の工夫〜抑制をしないケアを目指して〜 信愛病院 関 美智代
6
安全を守り、身体拘束を最小限にする為の試み〜環境上の視点をかえる〜 養和病院 足羽 良江

G6(PCスライドセッション) 排泄ケア 9:00〜10:00
座長 亀井 照子(白澤病院/看護部長)
No
題名
所属
発表者名
1
万歳 便がでた!!!−青汁の注入による排便効果− 磐田すずかけ病院 遠谷 聡子
2
安全な浣腸の技術〜直腸損傷の事例を通して〜 有馬病院 興松 真由美
3
食物繊維効果!いいうんち−経管栄養におけるココアの排便への効果− 新天本病院 金田 美保
4
モーツァルト効果による排便を試みて 和恵会記念病院 幸田 たつ子
5
排便ケアを考える−より快適な排便ケアの提供を目指して− 魚津病院 稲場 愛
6
下剤に頼らない排便ケア〜作られた排便周期をなくそう!〜 慶和病院 佐藤 純子

G7(PCスライドセッション) 排泄ケア 10:00〜11:00
座長 大野 喜代子(富家千葉病院/看護師長)
No
題名
所属
発表者名
1
腹臥位療法による自然排便の試み 奈良東病院 道畑 和典
2
尿・便のフルオーバーをなくすために 三次病院 岡尾 清美
3
異所排泄の多い患者様への対応を考える ナカムラ病院 木村 仁
4
=排泄自立を目指して=オムツに頼らないケアを考えて 永生病院 根本 和美
5
オムツを外せない利用者の適時交換が業務に反映したもの 福角病院 椋名 美保

G8(PCスライドセッション) 排泄ケア 11:00〜12:00
座長 大田 純子(大原記念病院/リハビリ3病棟主任)
No
題名
所属
発表者名
1
高齢者の排泄場面で遠慮させるスタッフの対応 鶴巻温泉病院 谷村 智美
2
高齢者排尿管理マニュアルを使用して〜個別ケアへの援助〜 北九州安部山公園病院 小田 光子
3
ゆとりあるオムツ交換を目指して 患者様の安眠とスタッフの負担軽減 勝山病院 金城 康士
4
失禁患者の排泄への自立に向けて−オムツからの解放− ちゅうざん病院 志喜屋 健
5
個別性を考慮した排泄ケア〜個々に合わせた時間とケア用品の提供 養和病院 戸川 由美子
6
適切なオムツ選択 八尾はぁとふる病院 松村 健一

G9(PCスライドセッション) スキンケア 13:15〜14:15
座長 下岡 和美(鳴門山上病院/看護師長)
No
題名
所属
発表者名
1
リンゴ酢を取り入れたスキンケア 沖縄メディカル病院 呉屋 初江
2
手浴の改善〜『浴』とはなにか〜 佐倉厚生園 内貴 史生
3
手指拘縮のある療養者への手浴−手浴を取り組んで見えてきたもの− 北中城若松病院 仲宗根 義宏
4
手指に拘縮があり、スキントラブルのある患者様のお茶手浴の取り組み 多摩リハビリテーション病院 松本 由美子
5
皮膚の乾燥を防ぐ為の取り組み〜卵の殻を用いた保湿液の効果〜 新富士病院 杉本 航
6
「拘縮のある患者様へのスキンケアーの取り組み」〜個別用具の作製を試みて〜 富家千葉病院 植草 厚光

G10(PCスライドセッション) スキンケア 14:15〜15:15
座長 工藤 れい子(苫小牧東病院/看護部長)
No
題名
所属
発表者名
1
趾間白癬に対する緑茶カテキン水ガーゼの効果 鶴巻温泉病院 徳井 幸子
2
重曹の効果 橋本病院 奈良 和代
3
患者さんの足見ていますか〜フットケアの工夫〜 富家病院 野末 敦子
4
介護職だからできた清潔ケア〜にぎにぎ君の挑戦〜 湯田内科病院 上川 瞳
5
ケアの実施状況の把握から見えてきた課題への取り組み 刈谷豊田総合病院東分院 浅田 幸子
6
お風呂場の安全確保〜傷を作らない工夫〜 湖東病院 中山 明日香

G11(PCスライドセッション) 清潔ケア 15:30〜16:30
座長 山田 フミ(信愛病院/看護部長)
No
題名
所属
発表者名
1
スタッフが考案した気切カニューレ用痰カップ〜痰の多い患者のケア〜 旭ヶ丘病院 山木戸 真由美
2
ボディイメージを大切に−尊厳をテーマに日常的ケアを見直す− 悠紀会病院 松村 美加
3
お茶入りこよりを用いた胃瘻カテーテル挿入部のケア 京浜病院 竹谷 ユキ子
4
「気管切開患者様へのよりよいケアを求めて」〜身近な材料を使ったカニューレ用の固定ベルトとカップの紹介〜 富家千葉病院 工藤 道子
5
発汗と体交まくら−ラップ法を利用した検討− 砺波サンシャイン病院 地崎 聡美
6
事例より胃瘻周囲の皮膚トラブルの原因を検証する すずかけ病院 中安 加奈

H6(PCスライドセッション) 入浴ケア 9:00〜10:00
座長 小野原 千代子(有馬温泉病院/看護部長)
No
題名
所属
発表者名
1
いい湯だな〜のんびりゆったり家庭風呂〜 東京多摩病院 千葉 保津美
2
療養型病棟における特殊浴=安全への取り組み= 苫小牧東病院 福冨 真由美
3
当院におけるより良いケアとサービスの充実への取り組み
〜ミスト浴を導入して〜
長崎みどり病院 松下 安子
4
快適な入浴のための環境作り〜機械浴を使えるようにするために〜 松谷病院 米良 妙子
5
よりスムーズな入浴介助をめざして 宮地病院 河南 ちはる
6
より良い入浴環境づくりを目指して〜入浴中に音楽を取り入れて〜 すずかけ病院 的場 大樹

H7(PCスライドセッション) 癒し・療養環境 10:00〜11:00
座長 伊勢 真佐子(宮地病院/看護師長)
No
題名
所属
発表者名
1
おしゃれ心でベッドから抜け出そう−ビーズづくりを通して− 長島中央病院 和藤 容子
2
療養病棟での更衣の取り組み〜メリハリのある生活を目指して〜 おさゆきリハビリテーション病院 松本 結香
3
森林療法新たな試み−一般公開セミナーを通して− 総泉病院 日向 雅史
4
〜穏(おだやか)〜 不穏(音)につなげない音環境への取り組み 新天本病院 小泉 典子
5
病棟における環境・業務改善について 武久病院 藤井 もと
6
院内における臭気管理 愛風病院 野村 勇二

H8(PCスライドセッション) 癒し・療養環境/カスタマーサービス 11:00〜12:00
座長 梅崎 亜希子(光風園病院/病棟看護師長)
No
題名
所属
発表者名
1
精神的な安定によりQOLが向上したケース−患者の思いを引きだす関わり− 芦ノ牧温泉病院 五十嵐 たか子
2
園芸療法のこころみ 泉佐野優人会病院 増田憲一
3
安全な療養環境をめざして 患者の視点でとらえた環境とは… 青磁野リハビリテーション病院 川上 忍
4
送迎による通院サポートを試みて 有馬病院 東村 美智子
5
癒しのフットケア 有吉病院 平川 和代
6
新たな入院生活の創造(レクレーションからのアプローチ) 熱川温泉病院 北崎 香葉子

H9(PCスライドセッション) 医療ソーシャルワーク/病床転換 13:15〜14:15
座長 伊豆 敦子(東浦平成病院/院長)
No
題名
所属
発表者名
1
当院における介護療養病床転換の課題 梅村病院 梅村 芳文
2
職員満足度向上の取り組み〜経営戦略合宿〜 永生病院 阿部 弘由己
3
良質な慢性期医療をめざして!! 春木病院 岡 秀幸
4
鹿教湯病院分院退院患者の動向から療養病床削減を考える 鹿教湯三才山リハビリテーションセンター鹿教湯病院 山田 恵美子
5
療養病床再編における地域への影響について〜現状と今後〜 御殿場高原病院 楢木 博之

H10(PCスライドセッション) 医療ソーシャルワーク 14:15〜15:15
座長 大森 和幸(鳴門山上病院/社会福祉士)
No
題名
所属
発表者名
1
入院患者様の御家族様の介護負担について 柴田病院 小池 恵美子
2
経済的虐待への介入〜患者の権利擁護の視点から〜 南高井病院 石川 朋子
3
入院アンケート実施〜入院アンケートを試みて〜 嵯峨野病院 島田 麻衣子
4
MSWとしてできること〜入院患者家族との関わりから〜 西円山病院 対馬 聖子
5
療養病床のゆくえ〜生き残りをかけたMSWの取り組み〜 富家病院 山下 佳子
6
当院の地域における役割 東浦平成病院 水本 房子

H11(PCスライドセッション) 医療ソーシャルワーク 15:30〜16:30
座長 芝田 友吾(秋津鴻池病院/医療相談課課長)
No
題名
所属
発表者名
1
療養病院に入院する患者家族の予期的介護負担感の分析と退院援助への活用 りほく病院相談室 花輪 祐司
2
回復期リハ病棟におけるMSWのかかわり−患者様・家族様の支援にむけて− 鳴門山上病院 秦 ひろ美
3
「療養病床から在宅への阻害因子」−患者の家族の実態調査を踏まえて 上條記念病院 野牧 正稔
4
より良き退院援助に向けて−他職種との連携− 京都きづ川病院 野田 寛子
5
退院援助を支えるソーシャルワーカーの役割 山口平成病院 田尾 真由美
 
 

Copyright 2004 JAPAN ASSOCIATION OF LONG TERM CARE HOSPITALS 
日本慢性期医療協会 〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階 
TEL.03-3355-3120 FAX.03-3355-3122