日本慢性期医療協会トップページ
第15回日本療養病床協会全国研究会〔神戸大会〕シンポジウム
療養病床における看護・介護職員の役割と連携 〜現場での課題〜
 
コーディ
ネーター
日本療養病床協会 看護・介護委員会

主 旨

これまでのナースマネージャー委員会は、医療法人真正会理事長・齊藤正身先生を委員長として6年間、特に、日本療養病床協会全国大会を中心に活動してきた。この活動を通して看護管理者の考えの普遍化に貢献する等多くの成果がえられたと考えている。このたび、「ナースマネージャー委員会に代わり、もっと現場の声を反映できる取り組みを」という考えのもとにナースマネージャー委員会を発展的に解消し「看護・介護委員会」が発足した。役員病院から看護職、介護職の主に中堅職員を推薦していただき、看護職8名、介護職5名で発足した。また、簡単な会則を作成した。この間の詳細はLTC54号に記した。2007年の事業として、「看護と介護の連携に関する簡単なアンケート」を実施し、神戸大会で報告することになっている。

いまだ、よちよち歩きの委員会ではあるが、会員病院の皆様の温かいご支援を切にお願いする次第である。
プログラム
9月5日(水)・13:00〜15:00/1階 松風
〔総合司会・シンポジウム座長〕服部紀美子(定山渓病院看護部長)

13:00〜13:05

主旨説明 中川翼(看護・介護委員会委員長)
13:05〜13:25 基調講演 川添チエミ(嵯峨野病院企画部長(看護))
13:25〜14:05

現場からの報告(各10分)
〇嚇鎮匯辧文風園病院病棟師長)
¬敍眸紀子(鳴門山上病院病棟師長)
4箟弊僅臓幣林記念病院チーフケアワーカー)
ず缶邉俊(和恵会記念病院介護部長)

14:10〜15:00 シンポジウム
〔シンポジスト〕上記5名


Copyright 2004 JAPAN ASSOCIATION OF LONG TERM CARE HOSPITALS 
日本慢性期医療協会 〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階 
TEL.03-3355-3120 FAX.03-3355-3122