日本慢性期医療協会トップページ
第15回日本療養病床協会全国研究会〔神戸大会〕シンポジウム
療養病床での地域連携リハビリテーション
 
コーディ
ネーター
日本療養病床協会 リハビリテーション委員会

主 旨

急性期・回復期・維持期リハビリの内、我々療養病床は主に回復期・維持期を入院や在宅で担当しています。現在推進されている「施設から在宅療養へ」という流れの中で、療養病床から退院後の在宅でのリハビリ提供において、医療保険では日数や疾患で制限などがあるため、介護保険による通所リハや訪問リハの提供がメインとなっています。

しかしその入院から在宅へのリハビリの連携は決してスムーズとは言えず、その弊害としてリハビリの中断等によるADLやQOLの悪化が多く訴えられています。今回の改定で日数制限の除外対象の拡大やリハビリ医学管理料の新設など医療保険からの見直しがありましたが、まだまだ制限が多く逓減制も導入されており決して望ましい改正とはいえません。患者様にとって望ましいリハビリを場所(施設・在宅)や制度(医療・介護)を通して切れ目なく提供することが求められ、そのためには患者様を主人公としたきめ細かな地域での連携が必須です。

今回の神戸大会でリハビリテーション委員会は「療養病床での地域連携リハビリテーションについて」というテーマでシンポジウムを行います。

療養病床入院中におけるリハでの問題、在宅リハビリに向けての連携形成の取り組み、在宅療養でのリハビリ提供における連携の実際や課題などを各施設に提示いただき、地域連携をいかに進めてゆくかを考えてゆこうと思います。

プログラム
9月5日(水)・15:15〜17:15/1階 松風
15:15〜15:20 はじめに 山上久(リハビリテーション委員会 委員長)
15:20〜16:35 プレゼンテーション(各15分)
〔擴射寛陝文風園病院 副院長)
横串算敏(西円山病院 副院長)
今村義典(ちゅうざん病院 理事長)
っ喘執彦(池端病院 理事長)
ヅ敕直三譟丙濛陬螢魯咼螢董璽轡腑鵐札鵐拭疾城 センター長)
16:35〜17:15 シンポジウム
〔シンポジスト〕上記5名
〔座 長〕山上久(鳴門山上病院理事長)


Copyright 2004 JAPAN ASSOCIATION OF LONG TERM CARE HOSPITALS 
日本慢性期医療協会 〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階 
TEL.03-3355-3120 FAX.03-3355-3122