日本慢性期医療協会トップページ
第15回日本療養病床協会全国研究会〔神戸大会〕シンポジウム
終末期をどう生きるか 〜今、ターミナルケアに求められているもの〜
 
コーディ
ネーター
中川翼(定山渓病院 院長)・池端幸彦(池端病院 理事長)

主 旨

「終末期をどう生きるか」という問題は入院されている患者様のみでなく、将来私どもにも降りかかってくる大命題であり、終末期にある患者様とご家族への対処を自分たちにもいずれは当面する問題との視点から考えてみたい。

またこの度、厚生労働省の「終末期医療の決定プロセスのあり方に関する検討会」で出されたガイドラインは、大別すると、第1に患者本人とご家族の意思を尊重すること、第2に対処方法は医療・ケアチームで判断すること、第3は患者(ご家族)との間で確認したことを文書化すること、の3項目からなっている。総論的な内容ではあるが、現在高齢者医療でこの3つを病院全体で確実に実施している療養病床がどのくらいあるのであろうか。また高齢者の終末期医療の大きな問題の一つに、人工栄養の適応への考え方があろう。

このシンポジウムへの応募演題が多く、発表演題はすべて公募の中から選択し、医師、看護師、理学療法士、MSWといった様々な職種の方々を選ばせて頂いたが、すべての演題の採択が出来なかったことをお詫びしたい。多くの会員病院の皆様の参加を得て、精一杯有意義なシンポジウムにしたいと考えている。

プログラム
9月6日(木)・9:30〜11:30/1階 松風
9:30〜10:30 各病院、各職種の取り組み(各12分)
〔講演司会〕池端幸彦
_山 宏(恵信甲府病院 院長)
∈監伸彦(砺波サンシャイン病院 副院長)
7Ю敕躬辧箆揃嘆餤念病院 看護師長)
田岡亮一(光風園病院 理学療法士)
グ羮綛У繊平愛病院 医療ソーシャルワーカー)
10:35〜11:30

シンポジウム
〔シンポジスト〕上記5名
〔司会・まとめ〕中川翼、池端幸彦
〔指定発言〕宮岸隆司(西円山病院診療部長)(5分)



Copyright 2004 JAPAN ASSOCIATION OF LONG TERM CARE HOSPITALS 
日本慢性期医療協会 〒162-0067 東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階 
TEL.03-3355-3120 FAX.03-3355-3122